和歌山の瓦メーカー【株式会社アルプス】

アルプスは、日本の風土に調和し、より現代の建物にフィットする繊細なスタイルと
より歴史の深みへと誘う重厚なスタイルを追い求めて技術を育んできました。
時代が残した日本の情緒のひとつ屋根瓦を
時代と次代の住まいを考え、新しい日本の屋根を創造していきます。

(株)アルプスは近畿圏唯一のプレスセメント瓦メーカー

  1. 会社概要
  2. よくあるご質問
  3. サイトマップ
  4. お問い合わせ

ホーム製品紹介 >換気面戸付瓦(アルペン30)

換気面戸付瓦(アルペン30)

瓦の新しいカタチ。雨や風にも強く作業が容易です。

プロフィール

内部構造のモデルと換気面戸付瓦サイズ

瓦1枚に設けた通気口の広さは8.25c屬任后N磴┐3mの棟(瓦使用は20枚) を施工する場合、8.25c×20枚=165c屬隆控じ面積が生まれます。 公庫基準によると天井裏面積は26.4c屬泙撚椎修箸覆蠅泙后

 

仕 様

寸法 全長 424mm
全寸 337mm
働き長 300〜360mm
(面戸付瓦は300〜360mm)
働き巾 306mm
見付厚 27mm
3.3屐閉據謀りの枚数 30枚

製品保証は10年です。


換気瓦の空気の流れ

換気瓦の空気の流れ

従来の瓦では考えられなかった耐久性や施工性が特長です。一体成形の瓦1枚で面戸瓦十地瓦の役割を果たすので、従来のように棟瓦がずれることはなく、台風や地震にも強くなります。また、独自開発の通気口により天井裏の換気がしやすく、1枚当たりの面積の取り分から公庫への適応も容易です。さらにその特殊形状により、小屋裏ムレや結露を防止し、瓦桟、野地板等の耐久性をアップ 、棟瓦からの雨水侵入も防ぐことができるようになりました。このような多方面の研究・開発と「アルプス瓦」独自の工夫によって生み出された全く新しいカタチの瓦です。

 


水密性能試験 結果

水密性能試験 結果

風雨などのあらゆる条件下に対するテストで
抜群の耐久性を実証

試験装置は回転制御送風機、フレキシブルダクト、噴き出し口、及び散水装置からなり、試験体に水を噴射しながら任意の風速で送風できるようになっています。
噴き出し口から試験体屋根上部の水平面に向けて、毎分5リットルの水を噴射しながら送風し、 試験体の内部への漏水の有無をテストするというものです。送風方向は水平とし、 風速を6段階に変化させて送風。噴き出し口から試験体までの距離は1.3mとし、 その位置における風速を測定しました。

 


試験条件

項目 条件
送風距離 1.3m
風速(m/s) 10、15、25、35、40
吹出口直径 20cm
散水高さ 70cm
散水量 毎分5リットル(散水ノズル下方70cmの水平面において)
送風時間 10分(各風速毎) 水密試験結果風速(m/s)

水密試験結果

風速(m/s) 観察結果
10 異常なし
15 異常なし
20 異常なし
25 異常なし
35 異常なし
40 異常なし

 


当社の製品は、従来よりアスベスト(石綿)を一切含まない屋根瓦です。特殊繊維を効率よく分散配合したモルタルを、 高圧プレスにより形成。優れた耐久性を実現するとともに、安心してお使いいただける素材です。


トップページへ

■当社製品について
認定書
■製品紹介
製品一覧
アルペン
フラットライン
スーパー スパニッシュ
換気面戸付瓦
加圧成形分割インバート
ソーラーキット
耐震棟瓦
■施工
施工例一覧
■瓦の葺き替えをお考えの方へ
葺き替え時期
屋根以外の利用法
用語集
■インフォメーション
会社概要
よくあるご質問
個人情報保護方針
サイトマップ
資料請求
リンク
お問い合わせ

Copyright (C) 2013 株式会社アルプス. All Rights Reserved.